FPfuri.com(エフピーフリ.com)

お金まわりのことやFP試験について解説します

*

2014年投資結果まとめ

   

あけましておめでとうございます。

新年初日の更新ですが、初回は私の昨年2014年の投資結果をご報告したいと思います。

とはいっても、「ETF(上場投資信託)で平凡でつまらない投資をしています」でご紹介したように、投資方法はひどくつまらないものなので、本当に単純に毎月ETFを購入したらこうなった、ということです。

スポンサーリンク

年間含み益+配当金=239万円、累計利益412万円

2013年末の証券口座の総額が約946万円。

そして、2014年末の証券口座の総額が約1,435万円(うち2014年中の入金額が250万円)。

2014invest

従って、1,435万円-250万円-946万円=239万円が、2014年中の含み益と配当金の合計です。
ほぼ入金額と同じくらいの金額が利益となっており、なかなか良い投資結果となりました。

2013年の年末時の含み益と配当金の合計が172万円でしたので、2013年より年間の含み益の伸びは67万円ほど多くなりました。

2014年も、2013年に引き続き、途中色々すったもんだがあってバブルとかいわれたりしたものの、株式相場は基本的に上昇基調だったため、ひたすら毎月購入するだけで含み益は増えていきました。
2014年末時点での累計の含み益と配当金の合計は、約412万円くらいになってます。

2015年も淡々と毎月買っていきます

さて、2015年も、これまでと変わらず、毎月ETFを購入していきます。

購入口数も、大分価格が上がってきたので1回で購入する額は大きくなりますが、変わらず100口ずつ購入するつもりです。
(ただし、4つのETFのうち、国内投資型2つを奇数月に、海外投資型2つを偶数月にそれぞれ隔月で100株ずつ購入。)

この投資法は自分の判断がほとんど入らず、株式市場の平均的な成績と連動するため、面白みも何もありませんが、とりあえず政府が何とかして株価を上げようとしている現状にはマッチしていると思います。

2015年もどこかで大きな下落はあるでしょうが、慌てずに投資を継続できるような収入を維持することが重要ですね。
投資する元手を稼ぎ出す手段が危ういと、どうしても毎月淡々投資の継続は難しくなってしまいますからね。

 - 金融資産運用

アドセンス336px

アドセンス336px

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

ETF(上場投資信託)で平凡でつまらない投資をしています

私も曲がりなりにも「ファイナンシャル・プランナー」とか「FP」という看板でサイト …

歴史は繰り返す?海外FXは危険です

FX取引は、ここ10年くらいで結構一般の人にも浸透してきたように思います。 株式 …

FXの確定申告 キャッシュバックは一時所得で原則申告不要

私が運営しているサイトの中に、FXの税金と確定申告ガイド!がありますが、この時期 …

世の中早いもの勝ち!好条件のクレジットカードは募集停止になることがある

以前、「面倒くさがりのクレカは常時1%OFFのP-oneカード」で、自分の使って …

スイスフランショックで思い出すドル/香港ドルの取引

1月の15~16日にかけては、スイスフランがドエライことになっていましたね。 コ …