FPfuri.com(エフピーフリ.com)

お金まわりのことやFP試験について解説します

*

申告した相続財産に漏れがあって税金が増えた話

      2015/01/03

a0002_006836_m

相続の話といっても、私自身の話じゃありません。

私の祖父、つまりおじいさんの相続です。

FPを勉強した人なら当然わかっているでしょうが、相続税って相続財産、つまり遺産の合計額を全て申告して、その財産の額と基礎控除とかの非課税分を相殺した上で、相続税額を算出します。

つまり、当初申告した額より遺産が多かった、となれば、当然本来の相続税はもっと多かったはず、となり、追加で税金を払う必要が出てきたわけです。

スポンサーリンク

 追加で税金を払うのは子だけ?

申告漏れが指摘されたのは、生前おばあさんがおじいさんから財産を贈与されていたことのようです。
詳細は分かりませんが、おじいさんが亡くなる前の3年以内の贈与だったのかもしれません。
※相続発生前3年以内の贈与財産は、相続財産に含まれます。

ただし、本来の相続税はもっと多かったはず、とはいっても、相続人全員でその追加分の税金で分け合って払うわけではありません。

相続では、相続税の配偶者控除(配偶者の相続税額の軽減)というものがあって、亡くなった人の配偶者は相続した遺産のうち、1億6千万円または法定相続分までは、相続税がかかりません

つまりウチの場合は、相続人がおばあさんと子どもたち(私の親やおじさん・おばさん)なので、おばあさんは相続したのが1億6千万円か、法定相続分(遺産の半分)までは相続税がかからないわけです。
※相続人が配偶者と子だけの場合、法定相続分は配偶者2分の1、子2分の1(子の人数で等分)です。

従って、少しくらい申告漏れの遺産があったとしても、おばあさん分の相続税は増えないんですね。

ところが、おじいさんの子ども、つまり私の親やおじさん・おばさんたちにはそういった優遇制度はありませんので、結果的に追加の相続税が発生してしまったわけです。

税理士さんへの修正申告費用も発生

それだけならまだしも、相続税の修正申告が必要となってしまったため、税理士さんへの追加報酬も必要となってしまったんです。

その話を聞いたとき、私としては「申告漏れはその税理士のヒアリング不足もあったんだろうし、追加報酬は値切っておけば?」と思っちゃいましたが、結局ウチの親は支払ったみたいです。

まぁこの程度でゴネるのも…と思ったのかもしれないですね。

相続が揉めやすいのを実感しました

ウチの親からすれば、ようやく相続関係も一区切りして相続税もちゃんと払ったってなったところで、自分たちの知らない贈与財産のせいで、追加の税金と税理士費用が発生したわけですから、不満も出てくるでしょうね。

金額としては大したことなくても、やはり後から追加、というのは気分がいいものではありません。

これが何百万、何千万円という単位の話だったら、相当もめてもおかしくありません。

相続は争続、というのも納得してしまう出来事でした。

 - 税金・節税

アドセンス336px

アドセンス336px

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

社長が愛する人を秘書にする理由

愛する人、と書いて○人ですね。 よくドラマや漫画なんかで、社長がどこの誰とも知ら …

お歳暮や記念品でもらう商品券 消費税や所得税との関係は

今年は12月26日が金曜日で、土日が27日・28日となるため、26日が仕事納めと …

IRS(米国内国歳入庁)から書類が届いた

一昨日、我が家に一通の英文レターが届きました。 コレ。 IRSってありますね。 …

日本生命による中退共への不正加入問題は国税がウキウキしてそう

中小企業退職金共済、略して中退共。 中小企業が従業員の退職金を積み立てるための、 …

郊外の家を買って長距離通勤すると、将来の年金は増えて今の税金は減る

結婚して子どもができたら、教育面や住居費の面から郊外の家を買って、お父さんは長距 …

FXの確定申告 キャッシュバックは一時所得で原則申告不要

私が運営しているサイトの中に、FXの税金と確定申告ガイド!がありますが、この時期 …